!!

信長貴富作品展vol.2と共に-

 

     日 時/2019年2月10日(日)開場13:00~ 開演13:30

     会 場/くまもと森都心プラザホール

     受講料/一般2,000円、大学生以下1,000円

         (当日はそれぞれ500円up)

      【指揮】 信長貴富先生、雨森文也先生

      【ピアノ】平林知子先生、林原ゆり先生

      【ヴァイオリン】黒葛原康子先生

 

<公募合唱練習日> 

第1回 10月27日(土) 男声0930-1130 混声1220-1420 女声1430-1630 

「高瀬蔵」 玉名市高瀬155-1  tel(0968)72-2480

第2回 12月22日(土) 男声0930-1130 女声1220-1420 混声1430-1630

熊本県立大学 中ホール」 熊本市東区月出3-1-100 tel(096)383-2929

第3回 01月19日(土) 男声0930-1130 混声1220-1420 女声1430-1630

「熊本白川教会」 熊本市中央区九品寺2-2-44 tel(096)363-4315

 

*** プログラム ***

 

『合唱音楽500年の歴史を歌う~祈りの歌を集めて~』 

 <Schola Cantorum Kumamoto> 

* Ave Regina Coelorum (Lasso、6声)
*「レクイエム」から Domine Jesu Christe (Mozart、ピアノ版)
*「ドイツレクイエム」から 第4楽章 (Brahms、連弾ピアノ版)
*「わたしの願い」から 雲雀にかわれ (詩:高野喜久雄/曲:髙田三郎/カワイ出版)
*「ロ短調ミサ」から Dona nobis pacem (Bach、ピアノ版)

* Salve Regina (Poulenc)
*「五つの願い」から 願い 一少女のプラカード(詩:谷川俊太郎/曲:三善晃/カワイ出版)
*「レクイエム」から LIBERA ME (Faure)
*「廃墟から」から 絶え間なく流れていく (詩:原民喜/曲:信長貴富/音楽之友社)
*「二つの祈りの音楽」から 永遠の光 (詩:宗左近/曲:松本望/カワイ出版) 

  

 こそ歌おう、昭和の名曲

<公募女声合唱>

*女声合唱のための「三つの抒情」(詩:立原道造・中原中也/曲:三善晃/全音楽譜出版社)

<公募男声合唱団>

*男声合唱組曲「雨」(詩:八木重吉/曲:多田武彦/音楽之友社・多田武彦男声合唱曲集4)

*男声合唱曲「枯木と太陽の歌」(詩:中田浩一郎/曲:石井歓/音楽之友社※受注生産)
『信長貴富作品展vol.2

<Schola Cantorum Kumamoto>

混声合唱・ヴァイオリン・ピアノのための「ヴィヴァルディが見た日本の四季」(カワイ出版)

<公募女声合唱団>

*「シング・ソング童謡集」女声合唱とピアノのための
(詩:クリスティーナ・ロセッティ/曲:信長貴富/音楽之友社) 

<公募混声合唱団>

*楽譜を開けば野原に風が吹く (詩:和合亮一/パナムジカピース)

*言葉は (詩:谷川俊太郎/カワイピース)
*生きる理由(詩:新川和江/カワイピース)
*混声合唱曲集「かなしみはあたらしい」から 未来へ (詩:谷川俊太郎/音楽之友社)
*「ヒスイ(ピアノ版)」 (詩:寺山修司/音楽之友社)
*混声合唱曲「夕焼け」 (詩:高田敏子/カワイ出版)※ヴァイオリン1本を伴うヴァージョン

 「信長貴富作品展」&(6thConcert)

 

信長先生の女声合唱作品を歌う会

Schola Cantorum Kumamoto

Joint Concert

 

 私たちは、バッハやモーツァルトの音楽に触れ、時には演奏もしますが、彼らが、どのような思いで作品を書いたのかを、もはや本人の口から直接聞くことは出来ません。 想像するだけです。

 

しかし、同時代に生きている作曲家からは、直接その思いを聞くことが出来ます。そこには、音楽する上で大切な宝物のような言葉がいっぱいです。

 

今回、今をときめく信長貴富先生をお招きして、ご本人に自作について語っていただき、また、指揮もしていただこうという贅沢な企画をいたしました。千載一遇の機会です。ひとりでも多くの方のご参加をお待ち申し上げます。 

音楽監督 雨森文也)

 

日 時/2018年2月11日(日)開場13:00~ 開演13:30

会 場/ウイングまつばせ文化ホール

受講料/一般2,000円(前売り1,500円)

    大学生以下、当日・前売りとも1,000円 

指 揮/信長貴富、雨森文也 

ピアノ/平林知子、林原ゆり

プログラム/

Ⅰ.Schola Cantorum Kumamoto

  混声合唱とピアノのための 「赤い鳥小鳥」

  「くちびるに歌を」 混声合唱とピアノのための
  <Intermission>

 

Ⅱ.「寺山修司の世界」 Schola Cantorum Kumamoto

  寺山修司の詩による6つのうた 「思い出すために」から ぼくが死んでも

  混声合唱によるうたの劇場 「不完全な死体」から
   ・歌うためには ・歌曲 ・不完全な死体

  混声合唱[または重唱]とピアノのための ヒスイ

 

Ⅲ.信長先生の女声合唱作品を歌う会

  女声合唱曲 夜明けから日暮れまで  和合亮一 作詩

  女声合唱とピアノのための 「不可思議のポルトレ」  与謝野晶子 詩

  女声合唱とピアノのための 「百年後」―タゴールの三つの詩― から

   百年後  ラビンドラナート・タゴール 詩 / 森本達雄 訳詩

 

★アンコール 覚和歌子の詩による混声合唱曲集「等圧線」から リフレイン

(まぼろしの…)第6回演奏会 演奏曲目

いつか必ず歌います♪♫

 

(記録のために残しています)

【信長貴富先生作品】
①夕焼け
②「等圧線」から/リフレイン
③「ヴィヴァルディが見た日本の四季」から/冬
④「近代日本名歌抄」から/カチューシャの唄
⑤「赤い鳥小鳥」
⑥「くちびるに歌を」から/白い雲
⑦「思い出すために」から/ぼくが死んでも、思い出すために
⑧こころようたえ
⑨(女声)「百年後」から/百年後

 

【Johannes Brahms作品】
⑩Ein Deutsches Requiem
⑪「Zieunerlieder」から

 1.He! Zigeuner!
 5.Der Tanz
 7.Heiligem Eide
 8.Gute Nacht
 9.Meine Abentstern 

⑫「Liebes Lieder&Neue Liebes Lieder」から

 N1.Verzicht, O Herz, auf Rettung
 8.  Wenn so lind dein Auge
 N8.Weiche Gräser im Revier
 10.O wie sanft die Quelle
 5.  Die grüne Hopfen-ranke
 16.Ein dunkeler schacht

 

一日合唱塾 vol.2

 

「信長先生に会いに行こう!!」

 

日 時/2016年8月20日(土)受付9:30~ 講習10:00-16:00

受講料/一般3,000円 大学生1,000円 高校生以下500円 

講 師/信長貴富先生、雨森文也先生 

ピアニスト/平林知子先生、林原ゆり先生

講習曲目/各自楽譜をご準備ください。

     ①夕焼け(混声版ピース)

     ②「百年後(女声)」から 3.百年後

     ③「思い出すために(混声版)」から

       4.ぼくが死んでも 5.思い出すために 6.種子(たね)

     ④「くちびるに歌を」から 4.くちびるに歌を

 

※定員(300名)になり次第締め切りますので、お早目にお申込みください。

※受講者全員で歌いますので、楽譜を必ずご準備ください。

※作曲者による講習です。コピー譜はお控えください。

※信長先生と一日楽しく過ごそう!という講習会ですので、部分参加は

 ご遠慮ください。

※音取りは各自でお願いします。十分に歌えていなくても、

 ともに声を合わせて、周りを感じて、一日音楽を楽しみましょう!

※「百年後」は女声合唱曲ですので、男声は基本的に聴講となります。

 ただし、歌いたい方は<女声音域>で一緒に歌っていただいても結構です。

 なお、聴講の場合の楽譜につきましては事務局にご相談ください。

※信長先生とのフリートーキングタイムでは、直接信長先生に質問できます。

 なお、作品内容についてご質問の方は、当該楽譜をお持ちください。

※日本で指折りのアンサンブルピアニストにもお越しいただきますので、

 ピアニストの方にも非常に有意義な講習です。是非お声掛けください。

5th Concert

日時:2016年2月7日(日)開場13:00 開演13:30 

会場:嘉島町民会館(上益城郡嘉島町上島545番地)

 

5th concert

 

~日本人作曲家による合唱作品の見本市~

 

昭和の懐かしい歌たち

大中 恩 「風のうた」     春の風

石井 歓 「風紋」       第1章 風と砂丘

髙田三郎 「ひたすらな道」   3.弦

團 伊玖磨「筑後川」      Ⅰ みなかみ 

 

  編曲は再創造

武満 徹 「うたⅡ」      さくら

林 光  「日本抒情歌曲集1」 浜辺の歌

三善 晃 「唱歌の四季」    紅葉

寺嶋陸也 「ふるさと」     故郷 

 

合唱作品は新しいアイディアの宝庫

信時 潔 子等を思ふ歌

新実徳英 「ぶどう摘み」    卒業

間宮芳生 「合唱のためのコンポジションⅠ」4

千原英喜 「おらしょ」     Ⅱ

廣瀬量平 「海の詩」      2 内なる怪魚〔シーラカンス〕

西村 朗 「永訣の朝」     Ⅰ.永訣の朝

松本 望 「天使のいる構図」  Ⅲ.Tempestoso

信長貴富 「くちびるに歌を」  4.くちびるに歌を

 

Encore リフレイン(信長貴富)

4th Concert

日時:2015年1月25日(日)開演13:30( 開場13:00)予定

会場:嘉島町民会館(上益城郡嘉島町上島545番地)

 

4th concert 「大家に学ぶvol.1

 

Ⅰ Thomas Tallis(トマス・タリス)

アンセム集から2

エレミア哀歌Ⅰ

モテットから Sancte Deus

 

Ⅱ W.A.Mozalt(モーツァルト)

「戴冠ミサK317.」から   Gloria

「ヴェスペレK339.」から  Laudate Dominum

             Magnificat

「レクイエム」から    Dies irae

                 Lacrimosa

                 Agnus Dei

 

 Ⅲ 三善 晃(みよし あきら)

「五つの童画」から       風見鳥、どんぐりのコマ

「五つの日本民謡」から     五木の子守唄

「木とともに人とともに」から  生きる

「五柳五酒」から        その1

「山田耕筰による五つの歌」から 赤とんぼ

「地球へのバラード」から    鳥

「クレーの絵本第1集」から   選ばれた場所、黄色い鳥のいる風景

 

Encore 夕焼小焼(三善 晃)

Third Concert

日時:2014年2月8日(土)開演18:00( 開場17:30)予定

         9日(日)開演15:00( 開場14:30)予定

会場:日本福音ルーテル健軍教会(熊本市東区健軍2-1-3)

 

Ⅰ 古いフランスの作品(中世~バロック初期)
14世紀:マショー/ノートルダムミサ(世界最古の通作ミサ)から キリエ
15世紀:デュファイ/幸いなるかな天の女王
16世紀:ニコラ・ゴンベール/ダヴィデはアブサロンを悼む2
17世紀:シャルパンティエ/テ・デウム(オルガン付)

Ⅱ 近代フランスの作品
<宗教曲>
デュルフレ/グレゴリオ聖歌による4つのモテットから

       1. 慈しみと愛のあるところ
プーランク/クリスマスのモテット から 

       2. 羊飼いたちよ、汝らが見たものを語れ
マルタン/ミサ から キリエ、グローリア

 

<世俗曲>
バディングス/ブルターニュの3つの歌 から 1. 海の夜
ドビュッシー/シャルル・ドルレアンの3つの歌 から

        1. 神よ!眺めるのはよいものだ
ラベル/3つの歌 から 2. 楽園の美しい3羽の小鳥
フォーレ/マドリガル(ピアノ付)

 

Ⅲ 近代フランス音楽の影響を受けた日本の作曲家による作品
新実徳英/幼年連祷 から 1.花
三善晃/五つの童画 から 4.砂時計
萩原英彦/光る砂漠 から 1.再会 9.ふるさと

 

Encore Ave verum corpus(モーツァルト)

Second Concert

日時:2013年2月11日(月) 昼の部・開演14:00( 開場13:30)

           夜の部・開演18:00( 開場17:30)

会場:日本福音ルーテル健軍教会(熊本市・健軍)

 

***** PRGRAM *****

◇ モンテヴェルディ Claudio Monteverdi ◇

Ecco mormorar l'onde (波はささやき)

Sfogava con le stelle (星に対して彼は打ち明けた)

Io mi son giovinetta (私は若い娘)

 

◇ チェンバロ独奏 ◇

Odi ciel el mio lamento (Andrea Antico

Ballo ditto il Stefanin  (Giovanni Picchi)

La sguizera. Son quel duca de Milano (Balli Antichi Veneziani)

 

◇ モンテヴェルディ Claudio Monteverdi ◇

Ohimè il bel viso (あぁ、私の美しい人)

Parlo miser o taccio (黙すべきか、語るべきか、哀れなひとよ)

Al lume delle stelle (星の光に照らされて)

 

◇ シュッツ Heinlich Schütz ◇

Ride la primavera - SWV7 (春はほほえみ)

Meine Seele erhebt den Herren (私の魂は救い主である主をあがめ)

 

◇ バッハ J.S.Bach ◇

Singet dem Herrn ein neues Lied (主に向かいて新しい歌を歌え)

 

◇ ブラームス Johannes Brahms ◇

Fest - und Gedenksprüche (祭典と記念の格言)

 

◇ ブルックナー Anton Bruckner ◇

Os justi (正しき口の人は)

Messe e-moll Gloria (ホ短調ミサ曲から「グローリア」)

 

Encore ラシーヌ讃歌(フォーレ)

First Concert

日時:2012年2月11日(土) 開場17:30 開演18:00

会場:日本福音ルーテル健軍教会(熊本市・健軍)

 

 

***** PRGRAM *****

Ave Maria (Josquin des Prez)

 Sicut Cervus (Giovanni Pierluigi da Palestrina )

Salvator Mundi (Thomas Tallis)

Missa pro Defunctis -Intoritus- (Thomas Luis de Victoria)

 

La, la, la, je ne l’ose dire (Pierre Certon)

Bonjour mon coeur (Orlande de Lassus)

Mille regrets (Josquin des Prez)

Il est bel et bon (Pierre Passereau)

Mignonne, allons voir si la Rose (Guillaume Costeley)

Quand le berger vit la bergere (Guillaume Costeley)

 

Lagrime d'amante al sepolcro dell'amata (Claudio Monteverdi)

 

Encore 主よ、人の望みの喜びよ(バッハ)

コメント: 2
  • #2

    らむ姉 (木曜日, 14 2月 2019 17:05)

    コメントを入れる欄を設定してみました♪
    使いが手が分からないのですが、まずは試してみようと思います☆

  • #1

    らむ姉 (木曜日, 14 2月 2019 17:04)

    私たちを導いてくださった5名の先生方、ご来場の皆様、公募合唱にご参加の皆様、ご来場の皆様、運営をお手伝いくださった皆様、本当にありがとうございました!!